日本茶には、日本人なら誰もが懐かしく思い出される記憶があると思う。

そんな、日本人にとって大切な文化と言える日本茶を、まもり続けたい。

心から日本茶を愛する人へ、心の日本茶を真面目につくりお届けします。


ブランドイメージ動画15秒(音有)



メインメニューに「伊之助銘茶」>「日本茶あれこれ」という情報ページがあります。Facebookページと両方、またはどちらか一方へのみ掲載している記事があります。

Facebookページにて、当茶園の日常等最新情報を発信しています。


下記動画はクリックすると再生しますが、YouTubeにて視聴するにはPCの場合:動画左上タイトルか、動画右下の「YouTube」ロゴからYouTubeへ移動します。スマホの場合:動画左上タイトルからYouTubeへ移動します。


動画:3分でわかる現代の茶摘み


動画:1分でわかる茶摘後の製造いろはのい



重要なお知らせ

金賞受賞

このたび、当茶園の伊之助茶が、世界緑茶コンテストにおいて「金賞」を受賞しました!

 

美味しく品質の良い日本茶づくりと研究に、大いに励みとなります。引き続きモチベーションを高く維持して、前に進みたいと思います。今後とも、応援よろしくお願い申し上げます。



伊之助煎茶の「新茶」販売開始20200528

伊之助煎茶の新茶販売を、5/30(土)からいよいよスターとします!2020年春は、「煎茶」のみの販売となります。5/20頃とご案内しておりましたが、気候による茶畑の状態や、既存茶の新茶製造状況などから遅れが生じてしまいました。大変におまたせしましたコト、皆様にお詫び申し上げます。なお伊之助茶の新茶販売につきましては、期間限定となり製造分が完売した時点で販売終了となりますので何卒ご了承ください。ご不明な点がございましたら、お問合せフォームや電話にてどうぞお気軽にお問合せください。新茶について詳しくは、下記の「茶摘み~新茶販売について」更に詳しくは下記記事のボタン「2020新茶詳細」を御覧ください。



茶摘み~新茶販売について20200507

4月30日より、2020春の茶摘みが始まりました!今年は、昨年のようなひどい霜がなかったため、新芽の生育はかなり順調で良い状態です!

 

長年日本茶づくりにこだわって来て、新茶とは「若葉の香りや、その年ならではの新鮮な感覚を楽しむもの」と思っています。ワインに詳しいわけではありませんが、ボージョレ・ヌーボーのようなものだと思います。

 

新茶に含まれている「青葉アルコール」は、この時期にしか感じることの出来ない旬の特別な香りです。昔から「初物を食べると七十五日長生きする」と言われています。新茶の香りや、今年の味は今年だけという特別感・季節感を是非味わって、ココロとカラダの健康に役立てていただけるとお茶屋冥利に尽きます。

 

伊之助茶の新茶は、5月20日頃から今年は煎茶のみで販売を予定しております。詳細はあらためて、こちらのオフィシャルページやFacebookページにUPします。



伊之助茶販売開始20200201

増田伊之助茶園ブランドの日本茶三種の販売を、本日2020年2月1日より(オンラインショップは2020年4月14日開店)販売を開始しました。この度の販売は基本の、煎茶・茎茶・芽茶の三種となります。

これまでの開発の過程で、納得するものを皆様にお届けしたいとのあまりに強い思いから、当園が思い描いていた予定を大幅に遅れてしまいました。またそのような状況の中、途中経過等の情報発信もおろそかになってしまいましたことを、皆様に深くお詫び申し上げます。

 

また新しい粉茶や、全く新しい概念で作る日本茶も、引き続き研究開発しておりますので、こちらは追って情報発信して参ります。以前お伝えしている通り、とても美味しいい日本茶が出来たのですが、商品化に値する量を製造するまで未だにに至ってない状況です。



当園既存のお茶と2020年2月販売の伊之助茶(上写真)の違いはこちら(頁下部)